脱毛は身だしなみの一つであり、美しさを追求する私たちの永遠のテーマでもあります。
その歴史は非常に古く、なんと始まりは紀元前3000年前からだったということなので驚いてしまいます。
もちろんこの頃は皮膚の構造や科学、毛の仕組みなどが全て解明されていなかった時代ですので、時として誤った方法や肌を傷めてしまう方法も存在しました。
しかし時代の変化につれて徐々に技術が進化をし、現在の永久脱毛へと変化を遂げることができたのです。

最初の脱毛は紀元前3000~4000年頃の古代オリエント時代だといわれています。硫黄や石灰、
でんぷんなどをペースト状にしたものが脱毛ワックス剤として主流だったといいます。
また地中海沿岸地域では紐に毛を挟んで抜く紐脱毛法も盛んであり、現在でもこの地方で用いられているそうです。そして紀元前30~40年頃には、絶世の美女といわれたクレオパトラも脱毛していた痕跡が残されています。
古代エジプトの出土品には現在の床屋で使用されるような長い刃のカミソリやワックスのような脱毛剤があったと報告されており、古来より毛への関心が高かったことが伺えます。

日本における脱毛の始まりは平安時代といわれ、貴族間で額や眉の形を整え、足りないところは墨で書き足していたといいます。
また江戸時代では遊郭の女性の間でアンダーヘアの処理が流行し、
陰毛を二つの軽石でこすって切ったり、線香で焼いていたそうです。
更に浮世絵の中には毛抜きで眉を整えている絵も発見されており、この時代になると現在と近い美意識を持っていたのではと予想されています。

1875年になるとアメリカの眼科医であるチャールズ・E・ミッチェルがさかまつげの治療法として電気分解法を考案しました。
これは毛穴に差し込んだ針に弱電流を流すことにより発毛組織を壊す方法で、現在の脱毛のはじまりともいわれています。
この流れで19世紀には毛を抜いたあとでわざと針を毛穴に入れたり肌に硫酸を塗るなどさまざまな脱毛法が試されましたが、効果がないばかりか多くの人が肌を傷める惨事となってしまいました。
そ して1945年にアメリカの電気脱毛技術者であるヘンリー E.St.ピエールと、エンジニアのアーサー R.ヒンケルが共同開発した電気分解脱毛法と高周波脱毛法を組み合わせたブレンド脱毛法が1948年に特許を取り、1970年代には日本に輸入されて脱毛 サロンやクリニックで施術されるようになってきたのです。

脱毛の歴史はここでも参考になります。

Tags: No tags