豆乳ローションでムダ毛処理をしてみる

脱毛ではありませんが、脱毛の代替の方法として、
抑毛ローションを利用したムダ毛処理です。
脱毛・除毛・抑毛の違いとは?も軽くお話しているので、
そちらも参考にして下さい。

その抑毛ローションの代表例が豆乳ローションです。

豆乳ローションでムダ毛が薄くなるのは
含まれている大豆イソフラボンに秘密があるのですが、
大豆イソフラボンには女性ホルモンと似たような
働きをするという特性があると言われています。

そして女性ホルモンにはムダ毛の成長を遅らせる働きがあるとされている為、
ムダ毛が気になるところにローションを塗布するだけで毛を
目立ち難くさせることができるのです。

また、サポニンという成分も含まれていますが、
この成分には保湿作用があり肌の代謝を良くする働きがあります。

それによって毛穴も綺麗になりますし、
そして有効成分である大豆イソフラボンも効き目が出易くなると言われているのです。

こうした作用でムダ毛対策を行えますが、
ただ脱毛ができる訳ではありませんので注意しましょう。

あくまでも毛根の働きを弱めるだけの作用しかない為、
根本的に脱毛になるというものではありません。
ですから使用を止めてしまうとまた元に戻ってしまいますし、
ムダ毛が気になる限りは使い続けるようにしなければいけないのです。

しかしながら肌に優しい成分ですので継続して
使用することについては安心できると言えます。

商品化されている殆どの豆乳ローションは
特に肌に有害になるような成分は配合されていませんし、
子供でも安全に使用できるとされています。

ですから体毛が濃くなってきた子供のムダ毛を
剃ったりするのに不安があったりする場合はこうした
アイテムを使用するのも良いでしょう。

そもそも豆乳ローションは自作することも可能ですので、
自分で作って活用することもできるのです。

市販されている豆乳を元に手軽に作ることもできますし、
現在では色々なレシピも登場しています。

自作するようにすればコストも安く済ませることができ、
またどのような素材が入っているのかも把握できますので、
より安心して使用することができると言えます。