ムダ毛の処理方法とは?

ムダ毛のケアは一年中必須となっていますが、露出の増える季節には特に念にお手入れをしたいですよね。
腕に足、ワキだけでなく背中やおなかまでさまざまなパーツのムダ毛をきちんと処理し、
トラブルのないツルツルスベスベの肌を目指したいもの。

ムダ毛の処理方法には主に「抜く」「剃る」「溶かす」「抑える」があり、部位や自分の肌や毛質に合った方法を選ぶ必要がありますので、
それぞれの特徴やアフターケアについて正しい知識を持ったうえで行うようにしましょう。

ムダ毛を「抜く」方法は、毛抜きや電気脱毛器、ワックス、テープ、脱毛フォームなどがあります。
毛抜きはどこの部位でも行うことができますが、痛みを伴いますし、毛穴が広がりやすく埋没毛ができやすい難点があります。
電気脱毛器はヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜くため、あらかじめ5ミリ程度に毛をカットしておくと痛みを軽減することができます。

脱毛テープやワックスは一度に広範囲のムダ毛を処理することができますが、
言い換えれば一度に大量の毛を引き抜くために強い痛みを伴います。
そのため処理を行ったあとはローションや冷却ジェルで患部を冷やして沈静させるのがおすすめです。

ムダ毛を「剃る」方法は、主にカミソリで行います。「カミソリで剃ると毛深くなる」という言い伝えがありますが、
これは全くの誤解であり、カミソリで切った毛の断面が太く見えることからこのようにいわれるようになったのです。
カミソリを用いる場合には絶対に乾いた肌には行わず、シェービング専用クリームをまんべんなく広げてから行います。
石鹸などでは肌の水分を必要以上に奪いすぎて乾燥の原因となりますから必ず専用のものを使うようにしてください。

ムダ毛を「溶かす」方法は、専用の薬剤で肌表面にある毛を溶かしてそれをふき取る方法が用いられていますが、
薬剤が合わないなどの肌トラブルがあることから使用前にはパッチテストが必要です。

またムダ毛を「抑える」方法は、天然由来成分の中から育毛抑制効果のある成分をローションのように肌に叩き込むことで毛根に作用し、長期間使用することでムダ毛をうぶ毛のように目立たなくさせることが可能なのです。

自宅で脱毛する方法

現代ではほとんどの女性がムダ毛のケアをしていますが、その半数以上は自己処理をしているといいます。

ムダ毛の自己処理は手軽で安値でできるのが魅力ですが、その仕上がりに満足している人はごく少数派にすぎません。
剃ったあとのジョリジョリ、すぐに生えてくる毛、肌の乾燥、かぶれ、毛穴の黒ずみなど
そのトラブルは実にさまざまなものがあり、
専門家は自己処理をすることで40~50代の肌に影響が出てくると断言しているほどです。

大手の脱毛サロンの中には数千円でできるキャンペーンや脱毛し放題のプランを設け、
若い女性を中心に自己処理ではなく脱毛に切り替えている人が多いといいます。

脱毛とは毛が抜けることまたは抜くことであり、一般的に脱毛というとワキや手足のムダ毛の処理のことを指します。

脱毛には自宅で行うものとプロによる脱毛があり、
自宅での脱毛は主に毛抜きか家庭用脱毛器、ワックス、テープ、脱毛クリームなどが用いられます。
しかし自宅で行う脱毛は痛みや皮膚トラブルが多く発生していますので、
十分な注意が必要となります。

また自分で行う脱毛は毛根から毛を引き抜きますが、
毛のもととなる毛乳頭が皮膚の中に残ったままですので、
毛はまたすぐにどんどん生えてくるようになります。
つまり延々と脱毛する必要がありますので、
痛みや手間がかかるため面倒くさくなってしまいます。

脱毛サロンやクリニック、家庭用脱毛で行われる脱毛の多くは、
毛の育成の根底である毛乳頭にダメージを与え、
毛そのものを生えさせないようにする仕組みです。
レーザーや光を肌から当てて細胞に作用しますので、
脱毛施術後にしばらくして毛がするりと抜け落ちます。
これを数回繰り返すことにより全く毛が生えてこない永久脱毛をすることも可能ですので、
ムダ毛のケアが面倒くさい人、カミソリなどで肌を痛めたくない人に人気があり、
最近では男性でも脱毛施術をする人が増えてきているのです。

脱毛は自己処理に比べて高額なことがネックですが、
一旦処理してしまえば次に生えてくる期間が長いためムダ毛を気にすることなく
ファッションを楽しめるのも嬉しいポイントですね。

自宅でしっかりと脱毛するのには家庭用脱毛器

脱毛サロンやクリニックで脱毛する人も増えてきていますが、自宅で自己処理をする人もたくさんいます。
自分で処理をすれば金銭的に節約にもなるし、手軽だし、恥ずかしくないし…と色んな意味でメリットがあるでしょう。
しかし間違ったムダ毛処理をしてしまうと、肌がガサガサ・ボロボロになってしまいますから、肌トラブルを起こさないように気を配って行う必要があります。
また自宅でできる脱毛には永久脱毛はありませんので、ムダ毛が生えてくるたびに処理をしなければいけません。
そのため長期間やり続けることを念頭に入れ、注意点をしっかり守って脱毛することが大切です。

自宅で脱毛するにが主に毛抜きやワックス、除毛クリーム、家庭用脱毛器などがありますが
、一番手軽はのは毛抜きではないでしょうか。
一本ずつ抜いていけば剃り跡もできませんし、脱毛液で肌がかぶれることもありませんので安全なように見えますが、中には毛穴が目立つようになったり色素沈着や埋没毛など他のトラブルを引き起こしかねないのです。
これは家庭用脱毛器でも同じであり、毛を抜いたときにそこに最近が入り込むことで炎症したりそのまま黒ずんでしまったりします。
新しく生えてきた毛や切れた毛が皮膚表面に出れない埋没毛が増えてしまったら皮膚上に黒い点々がたくさんできてしまいますので注意が必要です。

ワックスや除毛クリームは利用する前に付属のパッチテストで必ずチェックするようにしましょう。
「まあいいや」なんて気軽にこのステップを飛ばしてしまうと、薬品が肌に合わなかったときに肌がかぶれて真っ赤に腫れ上がり脱毛どころではなくなってしまうのです。
またワックスは除毛クリームに比べて高い脱毛効果がありますが、大量の毛を一気に引き抜くわけですから、肌が敏感な人や痛みに弱い人は特に注意するようにしましょう。
脱毛によるトラブルは体調によっても起こりますので、処理前日~当日は体温を上昇させるアルコールは控える、日焼けをしない、ホルモンバランスの崩れている生理周期などは避けて行うようにしましょう。

自宅で本格的に脱毛するなら家庭用脱毛器

自宅で脱毛する方法は色々ありますが、
脱毛サロン並みに本格的な脱毛するなら家庭用脱毛器しかありません。

家庭用脱毛器でしっかりと脱毛すれば、
これから自己処理することはほとんどありませんし、
ムダ毛で悩む事はなくなります。

これが脱毛ワックスや除毛クリームなら一時的には綺麗になりますが、
またすぐに毛が生えるので同じことの繰り返しですし、
お肌にも負担がかかります。

しかし家庭用脱毛器なら、毛を生えなくしたり薄くしたりするので、
もう自己処理は必要ないのです。

ただ、良い家庭用脱毛器を選ばなければしっかりと脱毛できません。

安い脱毛器や脱毛器といいつつもただのカミソリのようなものなので、
色々ありますから、しっかりと脱毛できるものを選びましょう。

どのような脱毛器が良いのかは色々ありますし、
このページでは紹介しれきませんから、
参考にしていたサイトを紹介します。
そちらをご覧ください
<<参考サイト>家庭用脱毛器の人気ランキング | 人気脱毛器のリアルな生の声

脱毛サロンも家庭用脱毛器も変わらない

多くの方は家庭用脱毛器と脱毛サロンなら、脱毛サロンの方が綺麗に脱毛出来ると思っていますが、
それは誤解です。

家庭用脱毛器も脱毛サロンも同じフラッシュ脱毛器で、脱毛パワーも変わりません。

そもそも医療脱毛以外は、脱毛力自体はほぼ変わらなく、
それは法律上定められているので、脱毛サロンの脱毛効果は家庭用脱毛器と変わらないのです。

もし、脱毛サロンの方が効果が高いと言っているとすれば、それは宣伝目的のためか、
安くて性能の悪い脱毛器と比べてです。

家庭用脱毛器といってもピンキリで、電気シェーバーと変わらないような安い物も沢山販売しております。
それらのものは脱毛器と言っていても、実際は除毛器です。
脱毛とはあくまでも、毛の生える量を少なくしたり、生えなくすることで、
毛を剃ることが脱毛ではありません。