脱毛エステとクリニックの違い

プロによる脱毛はスペシャルケアだと思っていませんか?
昔は脱毛というと専門のクリニックのみで行われていたため敷居が高く、
また高額な費用であることからなかなか踏み込めない人も多かったといいますが、
現在ではエステサロンの低価格化や豊富なメニュー展開により広く普及するようになってきました。

中には学割制度を設けているところも多く、お金に余裕のない学生でも気軽に試せるのも魅力の一つです。

脱毛をしたいと思ったらサロン選びが重要になりますが、
一般的によく聞くのが脱毛エステとクリニックでの脱毛。

同じ脱毛でもその仕組みや特徴が異なりますので、
正しい知識を踏まえて自分にぴったりのところを選んでみてください。

脱毛エステとクリニックの大きな違いは脱毛を行う機器とその仕組み、
また医師がいるかいないかということです。

脱毛エステは家庭用脱毛器と同じフラッシュ脱毛と呼ばれる光治療が中心で行われ、
医療行為に満たない低出力の施術となりますので、
毛乳頭細胞を完全に破壊するというよりは毛根細胞にダメージを与えて徐々に育毛効果を弱めていくのが特徴です。

そのためしっかりと脱毛効果を感じるには時間がかかりますが、料金は非常に安く設定されており、
キャンペーンや割引制度などを利用すればワキや手足を数千円程度で脱毛することができます。

全国規模の脱毛エステだと店舗数も豊富で豊富な地域から選べますので、
地方在住者でも気軽に通えるのが大きなメリットでしょう。

一方クリニックでは厚生省などで正式に認可された医療機器を使用し、医師または看護師が施術を行います。
医療機関では脱毛エステよりも高出力のレーザーをしようすることが認められていますので、
一回で広範囲の脱毛を行うことができ、その効果を早く感じることができます。

クリニックは医療機器を使用するため一回の値段は脱毛エステより高いことがほとんどですが、
脱毛効果が大きいため、比較的少ない回数で脱毛することが可能です。

また医師のもと施術を行いますから、皮膚トラブルが起こってもすぐに対処してくれますし、
皮膚のプロの目線でカウンセリングも行ってくれますから安心して利用することができるのです。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA