一般的にムダ毛の処理は脱毛・除毛・抑毛の3種類に分けられ、それぞれ仕組みや効果が異なりす。

「皮膚表面の毛をなくす」という概念では同じですが、
これらの意味や特徴をしっかりと把握しておかないと、脱毛したいのに抑毛ローションを購入していたり、
抑毛目的で購入したクリームが実は除毛専用のク リームで、
カミソリが必要になってしまったなどのトラブルを招いてしまいます。

ムダ毛ケアの上級者になると部位によって処理方法を使い分ける人もいますので、
自分の毛の質にマッチした最適なケアを施したいですね。

脱毛とは毛を抜くことであり、また抜けることも指します。
ムダ毛ケアとして代表的なのは脱毛エステやクリニック、家庭用脱毛器の脱毛施術ですが、
自分で毛抜きやピンセットで抜くことも脱毛に入ります。

脱毛は毛を皮膚の下に位置する毛根ごと抜き去る方法ですので、痛みがあります。

光やレーザーでの治療時には輪ゴムではじかれたような痛みといわれており、
家庭脱毛器や毛抜き、ワックス等では更に強い痛みを伴います。

しかし毛根から抜き去りますので持続効果が高く、毎日処理したくない人に人気の方法です。

除毛は皮膚の表面上にある毛を取り除く方法で、カミソリやシェーバーで剃ったり、
除毛クリームなどの薬品で毛を溶かすなどが挙げられます。

除毛はとにかく手軽で即効性があり、全身どこでも行うことができますので
ムダ毛処理の中でも多くの人が用いている方法です。

しかし肌を剃ることにより肌へのダメージが大きく、
薬品でかぶれるなど肌トラブルが一番多いのも除毛ですので、大きな注意が必要となります。

また毛が生えてきたときにジョリジョリ・チクチクしますので、
人に触れたときに恥ずかしいという声もあります。

抑毛は毛根に抑毛作用のある成分が働きかけて、徐々に毛を目立たなくしていくムダ毛ケアです。
脱毛や除毛に比べと効果を感じるまでに時間がかかりますが、
天然由来成分など肌に優しいもので作られていることが多いため
肌に優しくアトピー肌の人でも使える優しさが特徴です。

しかし効果には個人差が大きく見られ、太い毛の場合には長期間使い続けて
やっと薄くなったという人もいれば、毛が生えてくるスピードが遅くなり、
うぶ毛のように目立たなくなったという人までさまざまです。